失敗しないソファーの選び方

ソファー選び珠玉のメソッド集 オシャレに敏感で環境の変化が多い20代・30代に贈るソファーおすすめの選び方

フロアソファーと脚付きソファー 4つの利点・欠点

フロアソファーと脚付きソファー 4つの利点・欠点

床にベッタリのフロアソファーと脚の付いたソファー、どちらにしようか悩んではいませんか?使い勝手や見た目など様々な違いが出てくるのでしっかり考えたいもの。

でも「自分に合うのはどっち?」と考えた場合、意外と分かりにくいものですよね。そこでここでは、フロアソファーと脚付きソファーの違いやメリット・デメリットを紹介していこうと思います。

フロアソファー

フロアソファーは床にベッタリ置くタイプのソファーです。

フロアソファーのメリット

フロアソファーのメリットは主に次のようなものがあります。

  1. 安定感がある
  2. 低いフォルムになる
  3. 床を傷つけにくい
  4. ソファーの下にほこりがたまりにくい

一つずつ考えてみます。

安定感がある

足がないので見た目に安定感があります。全体重を預けるソファーなので、見た目の安定感・安心感はとても大事です。

低いフォルムになる

低いフォルムはお部屋を広く見せることができます。壁の見える面積が増えるので、スッキリした印象になります。

床を傷つけにくい

足がついてるとずれた時に床を傷つけてしまう可能性がありますよね。フロアソファーならその心配が大幅に軽減できます。脚を外せるタイプのフロアソファーは、ネジ部にキズ防止の処置をする必要があります。

ソファーの下にほこりがたまりにくい

下に隙間がないので、物理的にほこりがたまりません。掃除が面倒で嫌いな人には最適ですね。

フロアソファーのデメリット

次はデメリットを考えてみます。主に次の点です。

  1. オシャレ感が少ない
  2. 湿気が逃げない
  3. 床が見えない
  4. 重そう

これも一つずつ見ていきます。

オシャレ感が少ない

フロアソファーがオシャレじゃないわけではなく、脚付きのソファーがオシャレに見えるということです。ずんぐりむっくりなスタイルになるので安定感はありますが、脚付きに比べてスリムなオシャレ感に欠けます。

湿気が逃げない

ソファーの下はダニが多く潜んでいるもの。適度な温度と湿度があり、ダニのエサも豊富です。なのでできれば湿気をためたくないところ。フロアソファーはそういう面でデメリットになります。

床が見えない

床が見えないと「掃除がしにくい」「狭く感じる」という二つのデメリットがあります。ホコリ自体はたまりにくいですが、たまらないわけではありませんよね。掃除するときはよけなければいけないので、手間がかかります。

また低いフォルムは部屋を広く見せるのに違いありませんが、床が見えるか見えないかによっても広さの感じ方は変わってくるものです。床が見えるソファーはスリムでスッキリ感があり、空間の分だけお部屋を広く見せることができます。

重そう

仮に同じ重さだとしても、フロアソファーのほうが重そうに見えるものですよね。明るいナチュラルテイストなインテリアは「軽快」なイメージのほうが似合います。見た目に重さを感じるので、重厚なイメージを与えてしまいます。

脚付きソファー

脚付きソファーのメリット・デメリットは基本的にフロアソファーの逆です。なので簡潔に見ていきます。

脚付きによる利点・欠点

見た目ではオシャレ感が出るのが大きな違い。スッキリとスリムな印象で、インテリアにこなれたスマートなイメージになります。また、床が見えることで広さを演出できます。

使い勝手では、掃除のしやすさや衛生的というのがメリット。ほこりがたまりやすくなりますが、その分掃除がしやすくなるとも言えます。

デメリットは見た目の安定感でしょうか。全体重を支えるのがたった4本の脚だと、安心して体を預けることができないかもしれません。そうそう脚が折れることはありませんが、見た目のイメージがそう感じさせます。

床が傷つきやすいのは、脚にフェルトなどをつけることで回避できます。

構造上のポイント

ソファーは座ることが基本なので、高さはせいぜい40cmぐらいまでが使いやすいですよね。なので脚の長さは座面の厚みに影響してきます。

ベンチタイプの脚の長いソファーは座面に厚みがないので、スプリングやウレタンなど内包物がヘタリやすく、座り心地も硬めになります。

逆にフロアタイプは厚い座面を確保できるので、価格に合ったという条件付きですが、しっかりコイルスプリングを配置でき、ウレタンの厚みを出すこともできます。

脚が10cm以下の短いソファーは座面の厚みを確保できますが、隙間がある分ほこりがたまりやすく、決して掃除がしやすいとは言えません。デザイン的にはオシャレに見えます。

まとめ

フロアソファーにしろ脚付きにしろ、いい面と悪い面があるので考えどころです。どちらが優れているという事ではなく、あなたに合っているのはどっちかということを考えるのが大切です。

また致命的な大きな差はないので、見た目の好みで決めても大きなトラブルにはなりにくいと言えます。結局は好みのソファーが一番満足度が高くなるとも言えますよね。

ソファーの通販ならこのショップがオススメです

ソファーの通販専門~ソファー王国

見やすさ・分かりやすさに気を配ったショップで、トップのギャラリーがとってもオシャレ。ソファーを買うときに気になる梱包サイズや在庫・配送状況などが分かりやすく提示されてます。カテゴリーも細かく分けられてて探しやすく、ほとんどが送料無料のソファーなので価格も抑えることができます。

ソファー王国はコチラ

 - 構造

  関連記事

日本に高さ調整できるソファーが合う3つの理由
日本に高さ調整できるソファーが合う3つの理由

ソファーの高さ調整ができればいいなぁ…と感じたことはないでしょうか。 高くしたり …

ソファーの「二つの高さ」による選び方の違いを考えてみた
ソファーの「二つの高さ」による選び方の違いを考えてみた

ソファーを選ぶときは様々な要素がありますが、高さをどうするかということも大事にな …

PUとPVCの違い。合皮にも種類がある
PUとPVCの違い。合皮にも種類がある

合皮のソファーを探していると気になるのが「PU」とか「PVC」などという表記では …

ソファーの選び方~背もたれによる3つの大きな違い
ソファーの選び方~背もたれによる3つの大きな違い

ソファーの背もたれでどのような使い勝手の違いが出るか、疑問に思ってはいないでしょ …

あなたに合うソファーの硬さは?クッション性による選び方
あなたに合うソファーの硬さは?クッション性による選び方

ソファーを選ぶ際に大事なことはいくつかありますが、最大のポイントは「自分に合って …

ソファーの選び方 コイルの種類と座り心地
ソファーの選び方 コイルの種類と座り心地

ソファーを選ぶときの最大のポイントは座り心地ではないでしょうか。誰だって座り心地 …

ファーの7つの種類とおすすめの使い方
ソファーの7つの種類とおすすめの使い方

ソファーを検討する際に大事なのが、自分の生活スタイルに合ったソファー選びですよね …

ソファーの素材選び あなたに合う素材が分かる5つのポイント
ソファーの素材選び あなたに合う素材が分かる5つのポイント

ソファーを選ぶ際、どのような素材にするかは大きな悩みどころですよね。革にするか布 …