失敗しないソファーの選び方

ソファー選び珠玉のメソッド集 オシャレに敏感で環境の変化が多い20代・30代に贈るソファーおすすめの選び方

ソファーの「二つの高さ」による選び方の違いを考えてみた

ソファーの「二つの高さ」による選び方の違いを考えてみた

ソファーを選ぶときは様々な要素がありますが、高さをどうするかということも大事になってきますよね。

使い心地やデザインなどに大きく関係してくるので、できれば初期の段階で決めておくとソファーを選びやすくなります。

そこでここでは、高さによる違いや選び方を紹介していこうと思います。

ソファーの2つの高さ

座り心地・デザインに関係する高さには「座面の高さ」と「背もたれの高さ」の二つがあります。これらの高さを使いやすいよう考えると失敗を減らすことができます。

座面の高さ

座面の高さは座り心地・使い心地に大きな影響を与えますよね。主に通常の高さのソファーとローソファーを考える必要があります。

通常の高さのソファーの特徴

「座る」ということに関しては、ひざが90度ぐらいになる高さが最も座りやすい高さ。ただ、リビングなどソファーは基本的にリラックスする場所ですよね。座ることが必ずしもリラックスに繋がるわけではありません。

どのような使い方が多そうか考えると向いてる高さが導き出せます。

高さのあるソファーは、たとえばテレビを見ながら飲み物を飲んだりお菓子をつまんだりするのに合っています。体を起こすのが楽なので、お酒をよく飲む人も高さのあるソファーのほうが向いているかもしれません。また、床に座ると背もたれになってくれます。

もし小さな子供や赤ちゃんがいる場合は、子供に合わせると高さが危険になることもあります。

デザインの種類はこちらの方が圧倒的に多いですが、高さがあるので大きくなり部屋の中での存在感が高くなります。スペースがある程度広ければ問題はありませんが、狭いときは圧迫感を演出してしまうので色使いなどにも注意が必要です。

ローソファーの特徴

ローソファーはとにかくリラックス感を得たい人に最適。座椅子の延長のような感じに使うことができ、足を伸ばして座ることができます。小さな子供がいても安心で、赤ちゃんの誕生を見据えた新婚さんにも向いているかもしれません。

最も注意すべきは、腰痛持ちの人は避けるべきという点。ローソファーは腰にかかる負担が大きいので、腰に不安がある人には向いていません。また、立ち上がりにくいのでひざ痛にも優しくありません。

床に座る生活が好きな人や小さな子供のいる家庭などには最適です。

デザインや種類など、選択肢は少なくなってしまいますが、大きな問題になるほど少ないわけではありません。見た目に低いので部屋を広く見せることができ、開放感が生まれます。

背もたれの高さ

次は背もたれの高さを考えてみます。使い心地では背もたれに頭を預けることができるかどうかが大きな分かれ道。デザイン的には圧迫感に影響してきます。

背もたれが高いソファー

背もたれの高い、いわゆる「ハイバック」タイプのソファーは、頭を預けることができるので首が楽です。長い時間テレビを見る人や映画鑑賞が好きな人はハイバックのほうが向いています。ただし、背もたれがないならクッションなどで代用できますが、ある時はそれを邪魔に感じても取り外すことはできません。

見た目にはソファーの存在感が高まります。壁が多く見えるほど部屋は広く感じるので、ハイバックタイプは部屋を狭く感じるデメリットがあります。

背もたれが低いソファー

背もたれが低い、または一般的な背もたれの場合は、テレビを見るときなど前を見る場合に頭を首だけで支える必要があります。ハイバックと反対に長時間座って前を見ていると首が疲れます。

逆に背もたれに頭を乗せることができるメリットはあります。首を休めることができリラックスできますよね。あまり低いとできませんが。

見た目もハイバックとは逆で、圧迫感が減り開放感があります。狭い部屋には最適で、ゆとりが生まれます。

まとめ

お互い一長一短なので、あなたに合う高さがどのようなものなのかを熟考することが大事。使い勝手と赤ちゃんなど近い将来を想像し、メリットの多いほうを選ぶと満足感が高まります。

ただ、腰痛・ひざ痛のような健康面での失敗は致命的。「使いにくいけど我慢する…」というレベルを超えてしまう可能性があるので、持病のある人は特に要注意です。

ソファーの通販ならこのショップがオススメです

ソファーの通販専門~ソファー王国

見やすさ・分かりやすさに気を配ったショップで、トップのギャラリーがとってもオシャレ。ソファーを買うときに気になる梱包サイズや在庫・配送状況などが分かりやすく提示されてます。カテゴリーも細かく分けられてて探しやすく、ほとんどが送料無料のソファーなので価格も抑えることができます。

ソファー王国はコチラ

 - 構造

  関連記事

フロアソファーと脚付きソファー 4つの利点・欠点
フロアソファーと脚付きソファー 4つの利点・欠点

床にベッタリのフロアソファーと脚の付いたソファー、どちらにしようか悩んではいませ …

ソファーの素材選び あなたに合う素材が分かる5つのポイント
ソファーの素材選び あなたに合う素材が分かる5つのポイント

ソファーを選ぶ際、どのような素材にするかは大きな悩みどころですよね。革にするか布 …

あなたに合うソファーの硬さは?クッション性による選び方
あなたに合うソファーの硬さは?クッション性による選び方

ソファーを選ぶ際に大事なことはいくつかありますが、最大のポイントは「自分に合って …

日本に高さ調整できるソファーが合う3つの理由
日本に高さ調整できるソファーが合う3つの理由

ソファーの高さ調整ができればいいなぁ…と感じたことはないでしょうか。 高くしたり …

ソファーの選び方 コイルの種類と座り心地
ソファーの選び方 コイルの種類と座り心地

ソファーを選ぶときの最大のポイントは座り心地ではないでしょうか。誰だって座り心地 …

PUとPVCの違い。合皮にも種類がある
PUとPVCの違い。合皮にも種類がある

合皮のソファーを探していると気になるのが「PU」とか「PVC」などという表記では …

ソファーの選び方~背もたれによる3つの大きな違い
ソファーの選び方~背もたれによる3つの大きな違い

ソファーの背もたれでどのような使い勝手の違いが出るか、疑問に思ってはいないでしょ …

ファーの7つの種類とおすすめの使い方
ソファーの7つの種類とおすすめの使い方

ソファーを検討する際に大事なのが、自分の生活スタイルに合ったソファー選びですよね …