失敗しないソファーの選び方

ソファー選び珠玉のメソッド集 オシャレに敏感で環境の変化が多い20代・30代に贈るソファーおすすめの選び方

カバーでサラサラ!レザー(合皮)ソファーを夏でも快適に使う方法

カバーでサラサラ!レザー(合皮)ソファーを夏でも快適に使う方法

レザー(合皮)ソファーは、夏のジメジメにとっても弱いという側面があります。

通気性が悪く汗を吸収できない素材なので、暑い日、特に湿度の高いジメジメした季節は快適に座れなくなりますよね。

太ももの裏やひざの裏はベタベタになりやすく、背中は衣服でカバーできても腕や首筋の汗がベタベタと不快です。

とは言え季節ごとにソファーを変えるわけにもいきません。

そういう場合は、マルチカバーをかけることで大きく改善することができます。

レザー(合皮)ソファーが夏に向かない2つの理由

レザー素材はお手入れもしやすく、近年では本革と見分けがつかないほど作りが上質になっています。

それでいて本革に比べて安価なので、素材としてはとても人気があります。

でも弱点は夏になると使いにくくなる点。

ではなぜレザー素材は夏に向いてないのでしょうか。

ポイントは次の2点です。

  1. 通気性の悪さ
  2. 吸湿性の悪さ

通気性の悪さ

レザーは人工物であり、通気性は非常に悪いと言えます。

これはつまり空気すら通過することができないことを意味し、汗などの水分が通れる余地などありません。

また、暑い夏の日の体の熱気を通過させることができないので、皮膚とレザーの間に湿気がこもりベタベタしてしまうのです。

これが本革だと通気性が良いので、そんなに蒸れることはないのですが、この辺りは人工物の弱点とも言えるでしょうか。

とは言え、それによってメンテナンスが楽になっているので、必ずしも悪い面ばかりではありません。

吸湿性の悪さ

仮に蒸れてしまっても素材が湿気を吸収してくれれば、ベタベタは大きく改善できますよね。

ところがレザーは水が染み込まず逆にはじくそざいなので、当然汗による湿気も吸収してくれません。

長く座るほど表面の湿度がどんどん上がり、肌に触れるとベタベタした感じになって表れます。

夏はカバーで乗り越える

湿気が逃げず吸収もできないレザー素材。

ベタベタしやすいのは避けられません。

通気性の悪さは変えられませんが、カバーをかけることで吸湿性を高めることはできます。

湿気を吸収してくれればベタベタ感は大幅に改善し、不快感を大きく軽減させることができます。

素材は綿を主役に

カバーをする大きな理由は、通気性をよくするためではなく吸湿性を良くするため。

なので素材は綿素材を中心に考えます。

やはり触り心地や吸湿性を考えれば綿素材がベスト。

ただ綿100%だと少し暑苦しくなってしまいますよね。

汗を吸収することはできますが、生地によって逆に発汗を促してしまいます。

なので綿とポリエステルの混紡素材が最もおすすめ。

湿気を吸収してサラサラにし、なおかつ防寒効果が高すぎないちょうど良い素材です。

綿の割合が多いと吸湿性に優れています。

夏場はイメージを変える

レザーソファーにカバーをかける最大のデメリットは、レザーの素材感が全くなくなること。

レザーソファーにした理由には、当然その見た目の好みも含まれていますよね。

なので少し残念な思いはあるかもしれません。

でも開き直ってお部屋のイメージを変える意識でカバーをかけてみてはどうでしょうか。

カバーにはいろんな色があり、ソファーの色を変えるとお部屋の雰囲気はガラッと変わります。

新たな発見があるかもしれませんし、夏らしいさわやかな色合いにすることで、視覚的に涼しさを演出するのもいい方法。

レザーの素材感がなくなりますが、それとは完全に別のソファーにするぐらいの感覚のほうがいいかもしれませんね。

まとめ

レザー素材はどんなものでもベタベタと蒸れてしまいます。

高いレザーソファーも、安いレザーソファーも。

素材の特徴なので価格は関係ありません。

エアコンで湿度を下げることも重要ですが、光熱費やエコの面を考えても、夏場だけ雰囲気を一変させるのも賢い方法。

また、冬場の「ヒヤッ」とした肌触りを解消させるのも、ベタベタ感と似たようなことが言えます。

つまりは素材の特徴と言え、四季のはっきりした日本では四季に合わせて対応することも大事ではないでしょうか。

綿・ポリ混紡のフィットソファーカバー

ソファーの通販ならこのショップがオススメです

ソファーの通販専門~ソファー王国

見やすさ・分かりやすさに気を配ったショップで、トップのギャラリーがとってもオシャレ。ソファーを買うときに気になる梱包サイズや在庫・配送状況などが分かりやすく提示されてます。カテゴリーも細かく分けられてて探しやすく、ほとんどが送料無料のソファーなので価格も抑えることができます。

ソファー王国はコチラ

 - シーン

  関連記事

一人用のソファ おすすめは広くてリクライニング付き
一人用のソファ おすすめは広くてリクライニング付き

一人用のリラックスソファが欲しいというシチュエーションがあると思います。 実家暮 …

一人暮らしに向いてるソファー選び 3つの大事なコツ
一人暮らしに向いてるソファー選び 3つの大事なコツ

一人暮らしをするにあたってソファー選びに悩んではいませんか?スペースが狭い場合が …

和風なソファーは「木製」がポイント!
和風なソファーは「木製」がポイント!

和室にソファーを置きたいけど、どのようなデザインのソファーにすればいいのか悩んで …

ソファーでレトロ感を出す3つのポイント
ソファーでレトロ感を出す3つのポイント

レトロな雰囲気のインテリアにしたいけど、どんなソファーを置こうか悩んではいないで …

安い価格帯のソファーの選び方 3つのポイントと大事な考え方
安い価格帯のソファーの選び方 3つのポイントと大事な考え方

ソファーを買うにあたって、価格は最重要項目と言っても過言ではありません。高価なソ …

あなたにピッタリのソファーの大きさを知る方法
あなたにピッタリのソファーの大きさを知る方法

ソファーを検討する際、一番気にかけることはなんでしょうか。 やっぱり座り心地やデ …

ソファとローテーブルの高さ 最適なバランスとは
ソファとローテーブルの高さ 最適なバランスとは

ソファーの最良の相棒と言えばローテーブルですよね。 飲み物・食べ物・タバコ・雑誌 …

テレビが見やすいソファーの高さとは
テレビが見やすいソファーの高さとは

ダイニングは食事をとるところ、ソファーはくつろぐところというのが、日本の住宅の基 …

リビングをラグジュアリーにするソファー 5つの条件
リビングをラグジュアリーにするソファー 5つの条件

リビングをラグジュアリーな雰囲気に飾りたいと思ってはいないでしょうか。 おしゃれ …

狭い部屋にソファーを置くときの4つの上手な選び方
狭い部屋にソファーを置くときの4つの上手な選び方

リビングにしろワンルームにしろ、部屋は狭いけど何とかソファーを置きたいということ …