失敗しないソファーの選び方

ソファー選び珠玉のメソッド集 オシャレに敏感で環境の変化が多い20代・30代に贈るソファーおすすめの選び方

一人用のソファ おすすめは広くてリクライニング付き

一人用のソファ おすすめは広くてリクライニング付き

一人用のリラックスソファが欲しいというシチュエーションがあると思います。

実家暮らしで部屋はあまり広くないがソファを置きたい。

一人暮らしで部屋が狭いからコンパクトな一人用がいい。

でも一人用のソファと言っても様々な種類がありますよね。

そこでここでは、一人で使うと最高に気持ちいいソファの条件を考えてみようと思います。

一人用に必須の条件

リビングに置くソファと違い、一人で使うなら完全に自分用と考えるのが大事。

自分がいかにくつろげるかを最重要ポイントとして考えます。

その時に絶対はずせないのが次の2点です。

  1. リクライニング機能
  2. 程よい広さ

リクライニング機能

リクライニングは一人でダラ~ッとリラックスするには必須。

ソファは座れればいいのではなく、時にはごろ寝したり、時には寝そべって本を読んだり、とにかくいろんな状況で使用します。

座れるのはソファなので当たり前ですが、さらにリクライニングが付いてると非常に使い勝手が良くなります。

使いにくいソファは結局座らなくなり、気が付いたらよしかかるための背もたれになっていたというのもよくあることです。

程よい広さ

一人で座るからと言って、必ずしも一人用のソファを選ぶ必要はありません。

「1P」「一人掛け」というサイズで売られているソファは、一人しか座れないというサイズ感。

リラックスするには程遠いサイズです。

広いソファはそれだけでくつろげるもの。

とは言え、一人用のソファを考えてるのは、多くは部屋のスペースに制限が大きい場合。

あまり大きなソファを置けない環境のはず。

そこでおすすめなのが「1.5P」というソファ。

1.5人掛けというサイズです。

一人でゆったり座れる広さがありながら、全体的には非常にコンパクト。

自分専用のソファには最適なサイズ感と言えます。

付加機能も考える

1.5人掛けでリクライニング機能の付いたソファが、最低条件です。

さらに財布と相談しながら、高くなりすぎないよう付加機能を求めていきます。

座り心地

座り心地は好みの問題も大きく左右しますが、柔らかすぎない座面がおすすめ。

柔らかくて沈み込むソファは長く座ってると腰が痛くなります。

また耐久性も低くなりがち。

適度な弾力性があり、いろんな体勢になることを想定すればウレタンの耐久性も大事です。

モールド成型ウレタンなら耐久性が良くなり、座り心地ももっちりしておすすめ。

クッションにはスプリングが入ってるとなお良しですね。

高さ

高さもなかなか思案のしどころですよね。

脚付きにするとスタイリッシュで通気性もいいですが、コタツなどには使いにくく、ソファ下にホコリがたまりやすくなります。

フロアタイプだと逆にコタツとの相性が抜群によく、ロースタイルな生活が好きな人には最適ですが、腰の悪い人には使いにくい可能性も。

結局メリット・デメリットがあり一長一短なのですが、脚付きでも脚なしでも使えるソファを選ぶことで解決できます。

夏は通気性のいい脚付きにし、冬はコタツに合わせてフロアタイプにするといった使い分けができます。

一人用におすすめのソファ

そのようなことを総合的に考え、使いやすさとリラックスできるソファ、おすすめはコレです。

一人用におすすめのソファ

1.5人用サイズで、リクライニング機能は背もたれ・ひじ掛けともに5段階。

座るのにも、寝転がるのにも最適な角度を保つことができます。

モールド成型ウレタンとスプリングの座面で座り心地は良さそうですし、耐久性も高そうです。

そして脚を外せるタイプ。

脚の高さが10㎝ほどなのが難点ですが、手軽に高さを調整することができます。

張地素材もファブリック・レザー・スエードの3種類があり、日本製のソファというのも安心感があります。

まとめ

一人用のソファを考えるなら、応接間の一人掛けのイメージではなく、いかにくつろげるソファにするかがポイント。

大きすぎず、それでいてくつろげる1.5Pサイズ、どんな体勢でも楽に座れるリクライニング機能。

その後で耐久性や座り心地、高さなどの好みを考えるのが失敗しない手順ではないでしょうか。

紹介したコンパクトなリクライニングソファはこちらです

ソファーの通販ならこのショップがオススメです

ソファーの通販専門~ソファー王国

見やすさ・分かりやすさに気を配ったショップで、トップのギャラリーがとってもオシャレ。ソファーを買うときに気になる梱包サイズや在庫・配送状況などが分かりやすく提示されてます。カテゴリーも細かく分けられてて探しやすく、ほとんどが送料無料のソファーなので価格も抑えることができます。

ソファー王国はコチラ

 - シーン

  関連記事

和風なソファーは「木製」がポイント!
和風なソファーは「木製」がポイント!

和室にソファーを置きたいけど、どのようなデザインのソファーにすればいいのか悩んで …

テレビが見やすいソファーの高さとは
テレビが見やすいソファーの高さとは

ダイニングは食事をとるところ、ソファーはくつろぐところというのが、日本の住宅の基 …

asthma-2
喘息を和らげるソファの大事な2つのポイント

喘息の子供がいる家庭では、ソファをはじめとした「布製品」に敏感になってしまいます …

ソファーとこたつを上手に共存させる方法
ソファーとこたつを上手に共存させる方法

フローリングにソファーとこたつを置いて、なおかつオシャレにまとめたい…という悩み …

安い価格帯のソファーの選び方 3つのポイントと大事な考え方
安い価格帯のソファーの選び方 3つのポイントと大事な考え方

ソファーを買うにあたって、価格は最重要項目と言っても過言ではありません。高価なソ …

ソファー おすすめ!26の価格帯別ソファーのお店
ソファー おすすめ!26の価格帯別ソファーのお店

ソファーを検討してるけど、どのソファーがいいか悩んではいないでしょうか。 人にお …

一人暮らしに向いてるソファー選び 3つの大事なコツ
一人暮らしに向いてるソファー選び 3つの大事なコツ

一人暮らしをするにあたってソファー選びに悩んではいませんか?スペースが狭い場合が …

ソファーでレトロ感を出す3つのポイント
ソファーでレトロ感を出す3つのポイント

レトロな雰囲気のインテリアにしたいけど、どんなソファーを置こうか悩んではいないで …

座り心地の良いソファーを選ぶ3つの大事なポイント
座り心地の良いソファーを選ぶ3つの大事なポイント

座り心地の良いソファーを探してはいないでしょうか。 ソファーはリビングの主役で、 …

リビングをラグジュアリーにするソファー 5つの条件
リビングをラグジュアリーにするソファー 5つの条件

リビングをラグジュアリーな雰囲気に飾りたいと思ってはいないでしょうか。 おしゃれ …