ソファーの選び方~背もたれによる3つの大きな違い

ソファーの選び方~背もたれによる3つの大きな違い

ソファーの背もたれでどのような使い勝手の違いが出るか、疑問に思ってはいないでしょうか。ソファーを選ぶときはデザインや色・価格…など様々なことを考えますが、意外と背もたれはあまり考慮されません。

使い勝手を大きく左右するパーツなのですが、ただよしかかる場所という認識の人が多いようです。そこでここではソファーの背もたれに焦点を当て、選び方の参考になるよう考えてみようと思います。

背もたれの種類

ソファーのデザインの数だけ背もたれにも個性がありますが、注意すべきポイントは大きく分けて次の3点があります。

  1. 背もたれの厚み
  2. 背もたれの高さ
  3. 背もたれの角度

背もたれの厚み

背もたれの厚みは、デザイン的なものと使い勝手に違いが出ます。

デザインでは、厚みがあるほどゴージャスに見えますよね。いかにもふわっふわに見え、それだけ気持ちよさそうな印象になります。

ただし厚いほどソファーが大きく見えます。狭い部屋に背もたれの厚いソファーを置くと部屋の狭さが強調され、圧迫感が増してしまうので注意が必要です。

使い勝手としては、背もたれが厚いほどフワッと沈み込む感覚になります。よりリラックスしたいなら厚めのほうが向いています。

デメリットはほこりが多くなることです。フワッとするたびに目では見えなくてもほこりが舞っています。アレルギー性鼻炎などのある人は要注意です。

背もたれの高さ

背もたれの高さも、デザイン・使い勝手の両方に影響します。

見た目的には、背もたれが高いほど部屋が狭く見えます。厚みがあるのと同じですね。壁が多く見えるほど部屋は広く感じるので、高さが出ると圧迫感・窮屈感が出てしまいます。

使い勝手では、映画鑑賞が多い人やテレビを長時間見る人は背もたれが高いハイバックタイプが向いています。リラックスしても顔が上を向かないので、首が楽になります。

逆に背もたれに頭を乗せてリラックスすることはできなくなります。

背もたれの角度

角度はどのような使い方が多いかを考えるといいです。

よく食べ物を食べたりお茶を飲んだりするなら、起き上がりやすいよう若干背もたれが立っていたほうが使いやすいです。書き物をする時も同じです。

逆に態勢をあまり変えないで座るほうが多い場合は、背もたれが少し寝ている方が合ってます。あまり寝ていると顔が上向きになりやすいので注意が必要。

リクライニングできると様々な使い方ができますが、リクライニングするためのスペースが必要になるので、それもあわせて注意する必要があります。

まとめ

背もたれは意外と使い勝手やデザインに影響を与えるパーツです。様々な形状がありますが基本的には一長一短で、万能的な形はありません。

どのような使い方が多いかを考えると、おのずと合った背もたれの形状がイメージできるのではないでしょうか。