小さな子供のいる家庭でのソファーの選び方 2つの大事なポイント

小さな子供のいる家庭でのソファーの選び方 2つの大事なポイント

子供が小さいとソファー選びはとっても難しいですよね。

せっかくお気に入りを買っても、子供がジュースをこぼした…、落書きされた…となるのがオチです。

欲しいソファーがあっても子供が小さいうちは我慢…という親も多いと思います。

そこでここでは、小さな子供のいる家庭に向いてるソファーの選び方を考えてみようと思います。

大事な2つのポイント

子供が小さなうちは、ソファーを選ぶ際に次の2点を考えることが大事です。

  1. 素材をどうするか
  2. デザインをどうするか

素材をどうするか

素材とは張り地のことで、最初に悩むのがコレですよね。

主に「本革」「合成皮革」「ファブリック(布)」の3つに分かれますが、本革は確実に後悔します。

ただでさえ手入れが大事な素材なのに、小さな子供がいれば維持することは到底できません。

また高価なものが多いので、汚されるたびに怒ってしまうぐらいならやめるほうが賢明です。

基本は合皮かファブリックになるのですが、お互い一長一短あります。

合皮のメリット・デメリット

合皮は人工素材なので水分には強いです。子供がなにかこぼしても染み込みにくく、サッと拭けばOK。掃除も簡単ですしホコリがたまりやすいこともありません。

大きなメリットとしてはお手入れがとても楽ということです。

デメリットは耐久性です。ここで言う耐久性は、コイルやスポンジのことではなく「合皮」の耐久性です。

合皮は伸縮性がないので、使い方によっては2~3年でボロボロになってしまいます。

特に子供はソファーで飛び跳ねたりするので、一点に荷重が大きくかかる場合もありますよね。

そういうのを繰り返すと合皮は意外とモロく、次第に見た目が悪くなってしまいます。

それを見越して、ボロボロになったら布製のカバーを付けるという使い方もアリです。

ファブリックのメリット・デメリット

ファブリックのメリットは見た目と価格です。

合皮と比べても色や柄の種類はケタ違いに多いですよね。小さな子供がいてもどうせならインテリアに合ったもの、好きな色のソファーがいいに決まってます。

その選択肢の多さは圧倒的にファブリックのほうが多いです。

またそれだけ価格も幅広い中から選ぶことができます。

デメリットは「水分が染み込む」「ホコリ・ダニが多い」ということが大きいのではないでしょうか。

子供はとにかくこぼしますよね。

また、トイレトレーニング中はオシッコを漏らしてしまうかもしれませんし、子供の嘔吐中枢は大人より敏感なのですぐ嘔吐してしまいます。

親としてはソファーが汚れてイヤなものですが、それで怒るのは筋違い。仕方ないことです。

なので初めから気にならないソファーにするしかないのです。

ファブリックの場合は取り外せる「カバーリングソファー」がおすすめ。汚れても外して洗濯機で洗えるので衛生的です。

また、ホコリやダニは繊維に棲みつきます。

ソファーは暖かくで適度な湿気があり、髪の毛やフケといったダニのエサも豊富な場所。アレルギーの心配があるようならファブリックは向いていません。

デザインをどうするか

次に考えるべきはデザインです。と言っても色や柄ではありません。大事なのは「高さ」と「ひじ掛け」です。

高さをどうするか

「小さな子供」とひとくくりにすると、赤ちゃんも園児も同じになってしまいますが、実際は全然違いますよね。

もし1歳未満の赤ちゃんがいる家庭や、お腹に赤ちゃんがいるという場合は、低いローソファーのほうが安心です。

落ちることはもちろん、落ちなくてもソファーの端っこに自慢げに立って親を驚かせたりしますよね。見ているほうはドキドキしてしまいます。

子供が2歳より上ならさほど気にする必要はないかもしれません。

調子に乗ってはしゃいで落ちることもあるかもしれませんが、運動能力が上がってきているので大丈夫なはず。

それなら大人の都合を考えて高さを決めたほうが満足感は高いです。

ひじ掛けをどうするか

ひじ掛けの有無は使い勝手に影響します。

必須ではなくても、あれば何気にひじを乗っけてしまうもの、それがひじ掛けです。なぜかというと「楽」だからです。

特に親がテレビをよく見るなどの場合や、寝転んで使う場合はひじ掛けがあったほうがいいですよね。

でもひじ掛けがあるということは、そこに段差と硬い木枠があるということです。

子供が小さなうちは硬い木が出ているひじ掛けは、ぶつける危険があるのでおすすめしません。

最低限ウレタンなどのクッション材で囲まれているひじ掛けの物が安心です。

万が一ぶつけても衝撃の度合いはかなり変わってくるはずです。

またひじ掛けは段差になるので、子供が乗ってジャンプします。

多少は目をつぶるとして、高さのあるソファーでさらにひじ掛けに乗ってジャンプすると、けっこうな高さになりますよね。

思わぬケガにならないようにしなければいけません。

床がフローリングのままだとぶつけた衝撃は大きいので、ジョイントマットを敷くなどの対応も大切になってきます。

まとめ

小さな子供がいる家庭では、親の好みでソファーを選んでしまうと早々に後悔することになります。ソファーが汚れたショックと、いちいち怒るストレスがあるからです。

なので初めから「汚れてもいい」と割り切って使えるソファーが断然おすすめ。高価なものは避け、数年サイクルで買い替えるつもりのほうがメリットは大きいです。

一生モノのソファーは子供が大きくなってからのお楽しみ。安いものでも買い替える楽しさがあるので満足感はありますよ。