効果抜群!ソファーの滑り止めを自作する方法

効果抜群!ソファーの滑り止めを自作する方法

ソファーに寄り掛かるとズレてしまう…という悩みはないでしょうか。

座面に座るのがソファーの正しいあるまじき使い方ですが、そこはやはり日本人。

暖かい床暖房の上に座りたい、床に座ってコタツに足を入れたい…。

ソファーを背もたれとしても上手く使いたいものですよね。

そこでここでは、フローリングに置いたソファーがずれてしまうのを防止し、かつ簡単に作れる方法を紹介しようと思います。

滑り止めは市販されている

そもそもソファーの滑り止めは、ホームセンターや家具屋さん・アマゾンや楽天などで売られています。

1000円~2000円前後の商品が多いでしょうか。

ゴムマットやフェルトなどでできており、脚に付けて使うタイプがメインです。

なので手っ取り早くズレをどうにかしたい人は買ったほうが早いとも言えます。

が、千円も出したくないという人におすすめの、簡単な滑り止めの作り方を紹介しようと思います。

マスキングテープを使う

方法は簡単です。

ポイントはフローリングが傷まずに脚と床がくっつけばいいわけですよね。

そこで活躍するのがマスキングテープ。

両面テープのようにベタベタが床に付くこともなく、簡単にペリッとはがせるので安心して貼れます。

床とソファーの脚にマスキングテープを貼り、そこに片面が粘着テープ・片面がマジックテープになったものを貼りつけます。

当然、床とソファーにオス・メスの関係で。

たったこれだけで、驚くほど滑りを防止してくれます。

思い切り押したりすればズレるかもしれませんが、寄り掛かる程度ならかなりこらえてくれるはずです。

マジックテープじゃなくても、両面テープやアロンアルファなどでもしっかり固定することができます。

ただ、両面テープは薄いペラペラのタイプだと接地面積に不安があるので、少し厚みのあるタイプがいいかも。

またアロンアルファのような液体は、万が一マスキングテープに浸透してフローリングに影響を与えることも考えられます。

マスキングテープを重ねて強化するなどの工夫が必要になるかもしれませんね。

まとめ

ソファーが軽いほど滑りやすくなるので、もし分割したソファーなどの場合、それぞれを連結させることで滑りにくくなることも。

100均やダイソーにマジックテープのバンドがあるので、それで脚を連結したうえで上記の方法を行うと効果も高まります。

ズレ防止だけを考えれば、壁に付けて置けるのが理想なんですけどね。