ソファーの選び方 コイルの種類と座り心地

ソファーの選び方 コイルの種類と座り心地

ソファーを選ぶときの最大のポイントは座り心地ではないでしょうか。

誰だって座り心地の悪いソファーには座りたくありませんよね。

でも座り心地を良くすると価格が高くなり、結局手が出ない…ということになりますよね。

そこでここでは、座り心地を大きく左右するコイルを紹介していこうと思います。

一般的なコイルの種類

ソファーのクッション性や座り心地は、大きく2つの部分によって変わります。

それはクッション性を左右するコイルの部分と、肌触りや第一印象を左右する表面の素材です。

多くは「コイル+ウレタンフォーム」ですが、クッション性に大事なコイルにはどのような種類があるのでしょうか。

  1. ポケットコイル
  2. コイルスプリング
  3. Sバネ
  4. ウェービングベルト

ポケットコイル

ポケッチコイル

コイルを一つずつ袋(ポケット)で包み、独立した弾力性が発揮できる構造。

独立したコイルが座る人の体形や座り方に合わせて「点」で沈んでくれるので、弾力性が良く体にフィットした座り心地があります。

また独立したバネなので高密度に配置することができ、長時間座っていても疲れにくいコイルと言えます。

ベッドマットレスなどにも使われており、コイルの中では高価な部類になります。

コイルスプリング

コイルスプリング

渦状のバネを丈夫な鉄線で連結したものです。上下に反発する性質のある構造でクッション性が豊かになり、どこに座っても同じ座り心地になる特徴があります。

バネへの負担が分散されるので木枠への局所負担も減り、バネ自体も耐久性が高いと言えます。構造上、座面にボリュームのあるデザインになりやすいです。

Sバネ

Sバネ

S字状のバネを連結させたコイルです。

最も多く使われているコイルですが、ポケットコイルやコイルスプリングに比べると弾力性に劣ります。

通常は山なりに張りへたりを防止しています。

そのため座面中央は弾力性がありますが、端にいくに従い硬くなっていくのが特徴。

座面を薄くでき軽量化しやすい構造なので、デザインの幅が大きく広がります。

ウェービングベルト

ウェービングベルト

金属ではなく布製の衝撃吸収材です。

低コストのため低価格帯のソファーに多く使われています。

クッション性や耐久性がお値段なりなのは言うまでもありません。

ただし、最近は「ダイメトロール」という新たな素材が注目を浴びています。

アメリカのデュポン社が開発した素材で、金属の5倍もの耐久性を持っています。

金属特有のギシギシ音や錆の問題もなく、軽量でリサイクルもできるとか。

ただし高価なソファーにしか使われていません。

まとめ

ソファーを選ぶときは主にこの4つからコイルを選択することになります。

座り心地というのは個人的な主観が大きいので何とも言えない部分はありますが、全体的にポケットコイルは柔らかめ、S字バネは固めという感じでしょうか。

また、耐久性ではコイルスプリングに分がありますし、価格ではウェービングベルトが有利。

価格や使い方など総合的に考える必要がありますね。