座り心地の良いソファーを選ぶ3つの大事なポイント

座り心地の良いソファーを選ぶ3つの大事なポイント

座り心地の良いソファーを探してはいないでしょうか。

ソファーはリビングの主役で、デザイン性も非常に重要ですが、やっぱり座り心地の良いソファーを選びたいものですよね。

ではいったいどのようなソファーが座り心地がいいのでしょうか。

ここでは座り心地、特に「座面」に焦点を当てて考えてみようと思います。

様々な座り心地がある理由

座り心地と一言で言っても、個人の主観的な感じ方なので全く基準がありません。

同じソファーでもある人は最高の座り心地だと言い、ある人はいまいち好きじゃないと言います。

座り心地を判断するのは次のようなことがポイントです。

  1. 個人的な好み
  2. 座る目的
  3. 座る時間

個人的な好み

ふんわり沈み込むのが好きな人もいれば、硬めでしっかりした座面が好みの人もいます。

所詮は好みなのですが、硬すぎ・柔らかすぎは嫌われる傾向にあります。

程よい柔らかさ・硬さの中で、どのクッション性が好きかという感覚です。

座る目的

ソファーと言っも、座ってご飯を食べる人もいれば、くつろいでテレビを見る時間もあります。

ソファーに座って書き物をする場合もあるでしょう。

柔らかすぎればご飯は食べにくいでしょうし、書き物もしにくいでしょう。

また硬すぎればくつろいでテレビを見にくいはず。

ソファーに座って何をするかによっても座り心地がいいかどうかが変わってきます。

座る時間

ソファーで映画を見るなら、長い時間座っていることになります。

多少体勢を変えるとしても、お尻は座面にいつも触れていてしっかり体重がかかっているはず。

硬すぎればお尻が痛くなってきて、座り心地が悪いなぁと感じるかもしれません。

ただ、柔らかいと沈み込んで背中が丸くなるので、特に腰痛をもっている人などは長い時間座っていられないと思います。

くつろぐことを前提にする

リビングにあるソファーを考えれば、やっぱり「くつろげる」と感じることのできるソファーが座り心地の良いソファーではないかと思います。

書き物やご飯を食べるなど、いろんな使い方をする人はいますが「リラックスしてくつろぐときにいかに癒されるか」という観点で考えるのがいいように感じます。

大事なのは次の2点です。

  1. ポケットコイルの座面
  2. 足を伸ばせる座面

ポケットコイルの座面

座面のクッションにはいろんな種類がありますが、総合的に座り心地の良い座面はポケットコイル仕様だと感じます。

柔らかすぎず程よい反発力があり、長い時間座っても疲れにくく、どんな体勢にも対応できるという特徴があります。

独立したコイルが荷重のかかっている部分だけ沈み、お尻にかかっている体重を上手に分散。

長い時間座っても疲れず、ダラッと座ってもしっかり理想的なバランスをとってくれます。

足を伸ばせる座面

オットマンやカウチスタイルのソファーは、やっぱり座っててもリラックス感がありますよね。

足を思いっきり伸ばせるのは大きな魅力で、よりリラックスした姿勢でくつろぐことができます。

足を伸ばすだけなら通常のソファーでもできますが、テレビに対して横向きになったり、背もたれが低くてよしかかれないなどの差があります。

柔らかい背もたれに対して正面に足を伸ばせるのが大きなポイントです。

おしゃれなポケットコイル仕様のカウチソファー

リビングに置くことを考えれば、座り心地におしゃれさも欲しいところ。

そんなリビングの主役にふさわしいオススメがこのソファー。

LeJOY(リジョイ)コーナーカウチ

20色からカバーを選べるおしゃれなカウチソファー。

脚もどっしりした雰囲気で全体的に低めなので、リビングに開放的な雰囲気が溢れます。

座面はポケットコイル仕様なので座り心地はハイレベル。

程よいクッション性と体圧分散性があり、どんな場面でも安定した座り心地を提供してくれます。

カウチスタイルはもちろん、座面のクッションを入れ替えることでオットマンスタイルにも。

また、脚を外してフロアソファーとして使うこともでき、和室にも似合いそうなデザインです。

ポケットコイル仕様だと少し価格が上がってしまいますが、耐久性にも優れているのでコスパはいいと言えます。

まとめ

座り心地は好みが大きくものをいいますが、様々な場面・使い方を総合的に考えればポケットコイル仕様の座面がおすすめ。

さらに足を伸ばせる形状のソファーなら、リラックス度も満点です。

紹介したソファーならレイアウトが自由で、脚の有無も自由。

どんなお部屋にもマッチし、様々な使い方に合わせることができます。

紹介したポケットコイル仕様のカウチソファーこちらです