ソファーに犬の毛が大量に…犬に向いてるお部屋とは

ソファーに犬の毛が大量に…犬に向いてるお部屋とは

室内犬を飼っている家庭はとっても多いと思います。

可愛くて愛しい存在ではありますが、犬の毛に悩んではいないでしょうか。

ソファーはもちろん家中に犬の毛が抜け落ち、掃除しても全然追いつかない…。

しまいには料理の中にも入ってしまう始末…。

ワンちゃんが悪いわけでもなく仕方のない事なのですが、少しでも楽にするにはインテリアを犬に合わせることです。

そこでここでは、ワンちゃんと暮らす家庭に最適なソファーを考えてみようと思います。

掃除はいくらやってもキリがない

犬種や時期などで抜け毛の量は大きく差がありますが、抜けやすい犬種・抜けやすい時期の二つが重なったら、いくら掃除しても全然追いつくものではありません。

掃除した10分後にはフローリングの隅に犬の毛が集まり始めます。

基本的に掃除は必要ですが、掃除を強化してもその時期は諦めるほかありません。

少しでも抜け毛を減らすなら次のような方法があります。

  1. 短くカットする
  2. 洋服を着せる
  3. こまめにブラッシングする

短くカットする

短くカットすると毛の量自体が減るので効果的。

ただし外見が大きく変わってしまうのと、冬は寒くて可愛そうなのでなかなか現実的ではないかもしれませんね。

洋服を着せる

服を着せることで少しでも防ぐことができます。

これもワンちゃんが可愛そうなのと、服がキライだと着てくれないので、性格にもよります。

こまめにブラッシングする

抜け毛対策の基本はこまめなブラッシングですよね。

抜け毛がいっぱいとれるブラシも売られているので、こまめにブラッシングするのが最も確実な方法かもしれません。

掃除を楽にする

抜け毛の量を減らそうとする発想には限界があり、犬という生き物の構造なので仕方ない部分ではあります。

なので発想を変え、掃除しやすいお部屋に変えて少しでもストレスを減らしましょう。

ソファーもそうですが、布製品をできるだけ減らすようにします。

布製品は毛が絡まりやすく、コロコロや掃除機で取りきれなくなりますよね。

絨毯をやめる

絨毯は布ではなくクッション性のあるフローリング調のもの。

例えば子供用に使うジョイントマットなどが便利です。

掃除だけを考えればフローリングが一番かもしれませんが、ワンちゃんが走った時に滑りやすく、足腰にかかる負担も増すので、クッション性があって織物じゃないものが最適です。

ファブリックソファーをやめる

ソファーもファブリック素材は抜け毛が絡まりなかなかとれません。

カバーリングタイプで丸洗いできるファブリックソファーもありますが、絡まった抜け毛は洗濯してもとれません。

結局洗う前にコロコロを入念にかける必要が出てきます。

なので合皮素材が理想的。

それもキルティングなどの「アヤ」の付いてないのっぺりとしたものがオススメ。

座面があまり山なりになってなく、かつ広めだと掃除もしやすくなりますよね。

価格を下げることでストレスなく買い替えることができます。

ワンちゃんにピッタリの安い合皮ソファー

まとめ

犬の抜け毛は生理現象なので仕方ない事。

飼い主としてはストレスが増えてしまいますが、この先何年もワンちゃんと共に暮らすなら、掃除しやすいお部屋に変えていくのも上手な対処法です。

慣れも大事。

私の嫁の実家はダックス4匹を飼っていて、毛がとても抜け落ちていますが、あまり気にする様子はありません。

料理に犬の毛が入っていても「ダシが入ってた」と笑っておしまいです。

性格にもよりますが気にしない努力も大事かもしれませんよね。