あなたに合うソファーの硬さは?クッション性による選び方

あなたに合うソファーの硬さは?クッション性による選び方

ソファーを選ぶ際に大事なことはいくつかありますが、最大のポイントは「自分に合っているか」ですよね。

いくらお部屋にフィットしていても、いくら高価でも、自分に合っていなければ失敗です。

そこでここでは、自分に合っているかの指標の一つ「硬さ」に焦点を当ててみようと思います。

最適な硬さは使い方による

ソファーでもベッドでも「柔らかい=上質」と簡単には言えません。

高価で硬めのソファーもたくさんあります。

柔らかくするためにコストがかかるかもしれませんが、柔らかいソファーがいいソファーではありませんよね。

問題はどのような硬さだとあなたに最もフィットするか。

時と場合によって、硬いほうがいいときと柔らかいほうがいいときがあるのです。

硬いクッションのほうがいい場合

ではどのような場合は硬めのクッションがいいのでしょうか。

それを考えるには、あなたのソファーの使い方を思い浮かべてください。

今までの使い方を思い出し、未来のソファーの使い方を想像します。

ポイントはどれだけ背もたれが活躍したかです。

テレビを見るためにソファーに座る時、多くの人は背もたれによしかかるはずです。

そのほうが圧倒的に楽な体勢だからですよね。

そんなときクッションが硬かったらどうでしょうか。

映画なら長時間見るかもしれません。

時間と共にお尻が痛くなってくるはずです。

では背もたれを使わない場面はどのような時でしょうか。

例えばソファーに座って書き物をするときは背もたれを使いませんよね。

それでは手がテーブルに届かず字を書けません。

お茶を飲むときもあまり顔が上を向いてたら飲みにくいですよね。

なので背もたれによしかからず起きた体勢のほうが向いてます。

つまり、柔らかいソファーはリラックスできますが、起き上がる態勢には向いていないのです。

よく座りながらお茶を飲む人・お菓子を食べる人は、硬めのソファーのほうが使いやすいと感じるはずです。

柔らかいソファーが向いてる人

長時間座る人、寝っころがって使う人は柔らかいクッションのほうが楽です。

お尻にかかる荷重を減らすことができ、より疲れにくく座ることができます。

長時間ソファーに座るときは、たとえば映画鑑賞が趣味の人は柔らかいクッションが向いてます。

またテレビをよく見る人など、背もたれによしかかったままあまり動かないなら柔らかいメリットが活かせます。

柔らかいクッションは起き上がりにくいデメリットがあるので、頻繁に起き上がる人には向いていません。

まとめ

硬めがいいならS字バネを選ぶと価格面でもメリットがあります。

柔らかめの場合はポケットコイルがいいですが、少し価格が高くなってしまうかもしれません。