和室に合うソファー インテリアに大事な3つのポイント

和室に合うソファー インテリアに大事な3つのポイント

和室にソファーを置きたいけど、どのようなデザインだと合うのかイメージできないと悩んではいませんか?和室と言えば座椅子や座布団が最もなじみます。でもソファーもデザインによってはとっても良く合うものです。

そこでここでは、和室に合うソファーがどのようなデザインのものか考えてみようと思います。

和室に合う3つの条件

デザインやインテリアを考えた時、和室に似合うのは次の3点が大事になってきます。

  1. 木の温もりのあるソファー
  2. 座面の低いローソファー
  3. 畳・木に合うカラーリング

木の温もりのあるソファー

畳に最も似合う素材は「木」です。木を全面に押し出したデザインのソファーは、畳の部屋に思いのほかマッチします。

張地はファブリック素材(布製)がフィットするでしょうか。合皮は人工的なイメージなので、和のテイストには不向き。本革は重厚すぎます。

「木」と「ファブリック」という条件のソファーをイメージしてみると、モダンな和室になります。おすすめは北欧テイストなソファー。

和と北欧は、意外と共通点が多いもの。特に木の温もりを大事にするテイストは、和室のインテリアにとても良く合います。
和室をモダンな現代風にアレンジしたいなら北欧風ソファーを考えてみるのも面白いかもしれません。

座面の低いローソファー

和室には低い生活スタイルがマッチします。ベッドではなく布団、ダイニングテーブルではなくちゃぶ台が似合いますよね。

ソファーも高さを低くすることで落ち着きがでます。背もたれもハイバックのような高いものではなく、全体的に低いフォルムにすることでよくなじんでくれます。

ローソファーにするもう一つの利点として、こたつや低いテーブルとの相性がいいと言う点があります。とくにコタツは足を入れて使うので、低いことのメリットはとても大きいと言えます。

畳・木に合うカラーリング

和室のイメージを作っているのは「畳」と「木」の色合いです。グリーン系・ブラウン系がメインなので、それらの色に合う色を選びたいものです。

とは言え畳でも木でも、それぞれ色のトーンは部屋によって様々ですよね。明るいナチュラルな木を多く使った和室もあれば、ダークブラウンの重厚なイメージの和室もあります。

畳はある程度似たような色合いですが、最近では明るめのグリーンを使って重々しいイメージを出ないようにしたものもあります。

ポイントはそれらの「色のトーン」を合わせること。ブラウンやベージュ・グリーン系のソファーを置けば、そんなに違和感はないように思いますが、さらにトーンを意識するとグッとオシャレさがアップします。

色のトーンについてはこちらを参考にしてください

ソファーの色の選び方 センス良く置くための3つのコツ
ソファーの色の選び方 センス良く置くための3つのコツ

まとめ

和をモダンなテイストにしたいなら北欧風、昔ながらのイメージのままがいいならローソファーを選択するのがコツ。

色はソファーをアクセントにするのではなく、周囲になじむ色のほうがしっくりきます。トーンの低い落ち着いたカラーを選択するとまとまり感が出ます。