ソファーとこたつを上手に共存させる方法

ソファーとこたつを上手に共存させる方法

フローリングにソファーとこたつを置いて、なおかつオシャレにまとめたい…という悩みはないでしょうか。

最近の日本では多くが「洋室」になってますよね。

ほとんどがフローリングですし、窓やドアも洋風に仕上がっています。

とは言え流れるのは日本人の血。

床に座ってこたつでぬくぬくするのが好きな人も多いはずです。

洋風なソファーとフローリング、和風なこたつ、これらを上手に共存させるにはどうすればいいのでしょうか。

こたつメインか、ソファーメインか

上手に共存させるには、どこかで妥協点を見出さなければいけません。

そこで大事なのがどちらに重きを置くかです。

こたつで考えるなら、こたつの暖かさが重要なのか、それとも床に座って卓を囲むのが重要なのか。

ソファーならひざを曲げて座る高さが重要なのか、ソファーのクッション性が大事なのか。

それによって方法は変わってくきます。

こたつをメインに考える

こたつをメインに考える場合、二つの方法があります。

ソファーをフロアタイプの低いものにし、L字で囲うのが一つ。

もう一つはソファーを壁に寄せて動かなくし、床に座ってソファーを背もたれとして使う方法。

前者は座り心地も柔らかく、ゆったりできるのがメリット。

デメリットとしてこたつとソファーをセットで配置しなければいけず、お部屋のレイアウトが大きく制限されます。

後者は高さのあるソファーでもくつろげる点が大きなポイントで、こたつを使わない季節でも対応できます。

デメリットはソファーを壁に寄せれないとズレやすくなる、座布団を敷かないとお尻が痛いなどがあります。

ソファーをメインに考える

ソファーをメインに考えるなら、少し発想を変える必要があります。

ここで言うソファーは座面高が40㎝ぐらいの一般的なものを指してますが、そういうソファーはそもそも足を伸ばして座りにくい形状。

なので仮に高さのあるこたつテーブルがあったとしても、足首ぐらいまでしか入れることができません。

フロアソファーのように低いと必然的に足を伸ばして座るので、こたつとの相性は良くなります。

そこでおすすめなのが、脚を外せるソファー。

こたつの出番に合わせて脚を外せばフロアソファーに、こたつを片付けるタイミングで脚を戻せば高さのあるソファーに。

臨機応変に変えることができます。

また、もう一つのアイデアとして、こたつじゃないお気に入りのテーブルがあるなら、それをこたつのように変えることもできます。

使い勝手は普通のこたつと同じですが、好きなデザインのこたつが見つからない時に役立ちます。

まず床にホットカーペットを敷き、お気に入りのテーブルを置き、その上にこたつ布団をガバッとかけ、天板だけ別の物を用意してのせます。

それだけでこたつと同じように暖かくなり、なおかつシーズンじゃない時は天板とこたつ布団をよければ今までのお気に入りのテーブルに。

見栄えを気にする人にも向いてる方法ですね。

まとめ

最近ではダイニングで食事をするのが多くなっていますが、お部屋の広さや好みの関係で、床に座りこたつテーブルで食事をする家庭も多いです。

ダイニングとリビングをはっきり分けることができれば対応もしやすいのですが、リビングで食事もとるとなるとなかなか難しくなってきますよね。

見た目は重要なポイントですが、使いにくいリビングほどくつろげないものはありません。

まずは使いやすくてくつろげること、デザインはその次というのが重要ではないでしょうか。