インテリアコーディネーター監修

リビングのソファーの上手な置き方 注意すべき3つのポイント

リビングのソファーの上手な置き方 注意すべき3つのポイント

ソファーをリビングに配置するとき、どのような位置に置こうか悩んではいませんか?広いリビングは広いなりに選択肢が多くなって悩みますし、狭いスペースでは選択肢がなさすぎて悩んでしまうもの。

そこでここでは、リビングでのソファーの置き方に焦点を当てて考えてみます。

ソファー以外の家具との関係を考える

リビングでもっとも大事なことはリラックスできること。自分の家のリビングが落ち着かないと居場所がない感じになってしまいます。

いかにくつろげるかを焦点に考えた時、大事なのは他の家具との兼ね合いですよね。ソファーから離れた場所にテーブルがあるようでは、リモコンをとったり飲み物を置いたりするのも大変。テレビにあまりにも近いようだとゆっくり見ることもできません。

そこでリビングでソファーと関連する、なおかつ簡単に動かせない家具を考えてみます。

  1. テレビ
  2. エアコン

テレビ

最も頻度の高そうなのがテレビです。ソファーに座って、時には寝転がってテレビを見るなら、テレビとの位置関係が大事になってきます。

理想は「テレビと正対している位置」なのは言うまでもありません。座った状態で真正面に捉えることもできますし、寝転がっても見ることができます。

ただ、お部屋の構造や他の家具との兼ね合いでそのようにできない時も多いもの。テレビの配置で気をつけるべきは次の3点です。

  1. コンセント・アンテナの位置
  2. 窓の位置
  3. ソファーとの距離感

一つずつ考えてみます。

コンセント・アンテナの位置

リビングの広さにも関係しますが、コンセントが置きたい場所に都合よくない場合も多いはず。延長コードを使えば多くは改善できますが、場所によっては入り口のドアの下を這わせなければいけないということも。

そうならないようにすれば、相当長い延長コードが必要というときもありますよね。なのでコンセントやアンテナ線を差す場所を確認し、あまりにも変な場所をコードが這わないように配慮します。

窓の位置

窓の位置もテレビの配置に大きく関わってきます。特にリビングは大きな窓があったり、L字のどちらの面にも付いてたりします。オシャレな出窓になっている場合もありますよね。

ポイントは直射日光にあります。直射日光がテレビを直撃するとテレビが傷みやすくなります。また、直射日光が画面に当たる向きだと、西日などで画面が見えなくなります。

理想は直射日光の当たらない場所。画面も裏側もです。スペースを有効に使うなら壁際に置きたいところですが、どうしても難しい場合は角に斜めに置くことも視野に入れます。また、テレビボードは壁と平行でも、テレビの脚が回って多少角度をつけることができるという場合もあります。

ソファーとの距離感

ソファーとテレビを考えた場合、最も大事なのは距離感です。テレビの配置場所を検討しつつ、同時にソファーを置く場所をイメージします。

近すぎてはダメですが、遠いなら近づければ問題ありません。

テレビの理想的な視聴距離は「画面の高さの3倍」です。ブラウン管テレビの場合は、7~8倍ぐらい離れないとキレイな映像が見れないと言われていましたが、近年のテレビの映像は高精細なため、約3倍離れるだけで問題ありません。映画の街「ハリウッド」でもそのように推奨しています。

ただ、3倍は最低ラインと考えたほうが無難。下記に一覧を載せていますが、52型を2メートルの場所から見ると、かなり近い感じがすると思います。

最近は40型を超えるような大型テレビが多いですよね。お部屋の広さは昔から変わってないのに、テレビは大型化しているので、模様替えの難しさは高くなっているとも言えます。

コンセントやアンテナなども関わってくるので、もしテレビが大型の場合はテレビの配置を先に考えるほうがまとまりやすいです。

サイズ 画面の高さ 視聴距離
32型 約39cm 約1.2m
40型 約50cm 約1.5m
46型 約57cm 約1.7m
52型 約65cm 約1.9m
60型 約75cm 約2.2m

窓が多いのは明るくていいのですが、壁面が少なくなると家具の配置が難しくなってしまいますよね。ソファーを置く場合は、できれば窓の面には置きたくないもの。

夏は暑く冬は寒い場所、それが窓の近くです。真夏の太陽が降り注ぐ場所でリラックスできませんよね。西日が当たるようだと干上がってしまいます。

できれば窓を避け、テレビに正対するような場所を考えます。正対することばかり考えると限られてくるので、妥協できそうなポジションも検討します。

ダイニングや他のスペースとの仕切りとして、壁面ではなく真ん中に置くのもありです。コーナーソファーやカウチソファーはその形状から角に置きたくなりますが、逆に真ん中に置くことでリビングスペースの明確な区切りにすることもできます。

エアコン

エアコンの風が直接当たる場所には置かないほうがいいです。部屋の様々なとこに風を送ってくれるならいいのですが。

空調が当たる場所は乾燥しやすく、長時間いるのには最適とは言えません。暖房にしても冷房にしても、どちらも肌の乾燥を促進してしまいます。

テレビをよく見る人はドライアイの可能性もあるので、空調の風をうまく避けるような配置を心掛けます。できれば換気扇の下も避けたいところですが、あまり条件を絞っていくと置くことができないので、最低限エアコンの風が当たらない場所にするのがコツです。

まとめ

ソファーの置き方を考えた場合、ソファー自体の場所よりも他の家具、特にテレビとの兼ね合いが一番難しくなってきます。

大型テレビは置く場所が限られてきますよね。それに合わせてソファーを置くとなると、選択肢は減ってくるかもしれません。なのでテレビの配置のアイデアを考えると、ソファーの配置の幅も広がるのではないでしょうか。