リビングをラグジュアリーにするソファー 5つの条件

リビングをラグジュアリーにするソファー 5つの条件

リビングをラグジュアリーな雰囲気に飾りたいと思ってはいないでしょうか。

おしゃれでどことなく高級感があり、リビングながら生活感を出さないように。

とは言えリビングはくつろぐ場所。

生活感を出さないのはなかなか難しいものですよね。

そこでここでは、リビングをラグジュアリーに飾るべく、リビングの主役であるソファーの条件を考えてみようと思います。

ラグジュアリーなソファーの条件

ソファーだけで雰囲気を全て変えるのは難しいのですが、そのテイストの家具を揃えることで、お部屋が染まっていきます。

リビングの場合、やはりソファーが主役。

ではどのようなソファーだとラグジュアリーな雰囲気になるでしょうか。

ポイントは次の5点です。

  1. 形状
  2. 大きさ
  3. デザイン

色は見た目に大きく影響しますよね。

周囲の家具や床・壁など、総合的に考えなければいけません。

ラグジュアリーな雰囲気にする場合(そうじゃなくても同じかもしれませんが)、ソファーをアクセントカラーにするか、周囲に馴染ませるかが最初の課題。

お部屋全体でラグジュアリー感を出すなら、周囲とのバランスを考えた色に。

逆にソファーをアクセントカラーにすることで、手軽に雰囲気を変えることもできます。

アクセントにするなら、思い切って紫色のソファーにしてみるのもおすすめ。

アクセントにしないなら、清潔感いっぱいの白もラグジュアリーな雰囲気にピッタリ。

ソファーの定番であるベージュやブラウン・モスグリーンなどはナチュラルな雰囲気が出てしまうので、ラグジュアリーな感じには合わないかもしれません。

ソファーには様々な高さがありますが、できれば脚付きのソファーがおすすめ。

それもどっしりしたタイプではなく、スラッと細い脚。

素材はスチール製だとラグジュアリーな雰囲気に近づくのではないでしょうか。

ちょっとキラッと光るような脚だととってもおしゃれですよね。

形状

ソファーの形状も雰囲気を大きく変えます。

ラグジュアリーな雰囲気を出したいなら、カウチソファーがおすすめ。

カウチソファーがラグジュアリーな雰囲気を出すわけではありませんが、一般的なソファーだと当たり前すぎて普通な感じに、コーナータイプだとくつろぎ感が出過ぎ。

また、オットマンだと機能的な印象が強く、一つのものに複数の機能を求める便利さが目立ってしまいます。

総合的に考えるとカウチソファーが最もラグジュアリーな雰囲気にマッチするように感じます。

大きさ

大きさは少し大き目が確実にラグジュアリー感を出します。

大き目と言っても、お部屋に対しての大きさと考えたほうがいいですね。

無理に大きすぎるソファーを置いてしまうとスマートさが全くなくなってしまい、頑張ってる感が強く出てしまいます。

私は以前このような光景を見たことがあります。

近所を運転中、真っ赤なフェラーリを見つけ、車好きの私は「おっ!フェラーリ!かっこいい!」と思った次の瞬間、1000円カットという激安の床屋さんの駐車場に…。

「あぁ、頑張って、無理してフェラーリ買ったのかな…」という、ちょっとむなしい気持ちに。

別にいいんですよ、フェラーリで1000円カットに行っても。

それを見ていた私の気持ちがただ寂しい気持ちになっただけですから…。

やはりラグジュアリーな雰囲気を演出するには、それ相応の雰囲気を出すことが大事で「センス良く配置してある大きなソファー」が大事ではないかと思います。

デザイン

総合的なデザインはテイストを大きく左右しますよね。

色や脚・形状などもデザインのうちですが、他にも張地の素材感やひじ掛け・背もたれのデザインなども大事。

ラグジュアリーな雰囲気を出すなら、少し奇抜なデザインでもいいかもしれませんね。

「インテリアにうるさいんです、凝っているんです」というのを暗にアピールすることができます。

問題はセンス良く置けるかですね。

ただ、デザインは奇抜、色もアクセントカラーというのは、なかなかセンス良く置けないものです。

周囲の家具にも相当気を使わなければいけません。

なので、ショールームのような雰囲気にするならともかく、自宅の場合は奇抜すぎるデザインは上級者向けと言えますね。

まとめ

ソファーだけでラグジュアリーな雰囲気を出すのは難しいですが、大きな家具なので雰囲気を一変させることはできます。

まずはこれらの条件に合う雰囲気の良いソファーを置き、ソファーに周囲を合わせていくという順番のほうがまとまり感が出やすいかもしれませんね。

ラグジュアリーな雰囲気にピッタリのカウチソファー