狭い部屋にソファーを置くときの4つの上手な選び方

狭い部屋にソファーを置くときの4つの上手な選び方

リビングにしろワンルームにしろ、部屋は狭いけど何とかソファーを置きたいということがありますよね。床に座ることに慣れてなかったり、腰痛を持ってたりすると、やっぱりソファーが楽です。

とは言え狭い部屋はそれだけ制約を受けるもの。そこでここでは、狭いスペースにソファーを置くときのコツを紹介していこうと思います。

狭い部屋に上手くソファーを置く4つの要素

最も基本的なことは、物理的に置けないソファーは確実に置けないということ。お部屋の他の家具を調整し、置くことのできる最大のサイズをまずは紙に書きだしましょう。

その上で次の4点に注意して選択肢を絞っていきます。

  1. 背もたれ
  2. ひじ掛け
  3. 高さ

狭い部屋に置くソファーは色使いが大切です。同じ大きさでも大きく見える色(膨張色)と小さく見える色(収縮色)があるからです。できるだけソファーの大きさを感じさせない色を選ぶと、お部屋の窮屈さが薄れ、少しでも部屋を広く見せることができます。
色の錯覚

基本的には明度の高いハッキリした色が膨張色なのですが、これでは暗い色のソファーしか選べません。そこでソファーの場合は「インテリアにマッチさせる」という考え方も考慮します。

最も大事なのは床や壁の色に調和させること。そして他の家具と調和させること。

お部屋のインテリアを考えた場合「基本色70:補助色25:アクセント5」ぐらいがバランスがいいと言われますが、狭い部屋の場合はソファーでアクセントをつけるべきではありません。

それだとソファーの大きさが目立ってしまい、より狭く感じさせてしまいます。トップ画像のようにクッションなどの小物でアクセントカラーを入れるとセンス良くまとまります。

ソファーの大きさを感じさせない色は「基本色」に近い色です。本来は膨張色と言われる白も、お部屋に置くと逆に大きさを感じません。

なぜなら壁や天井が白い部屋が多いからです。基本色と同じような色なので、ソファーが実際よりも小さく見えるのです。

床の色も大事です。床は白よりもブラウンのほうが多いはず。好みは別としてブラウン系のソファーは大きさを感じさせない効果があります。

お部屋全体を見渡し、ソファーがなじみそうな色を選択するとお部屋を広く見せることができます。日本の場合、多くはベージュ系やブラウン系だとソファーの大きさを少しでも感じさせなくできます。

逆に赤やオレンジなどでアクセントを付けようとすると、よりソファーが目立ってしまいます。

背もたれ

背もたれは座り心地だけではありません。ソファー自体のサイズにも大きく影響しますが、見た目にも影響します。

背もたれにボリュームのあるソファーは大きく見え、背もたれの薄いベンチタイプのソファーは小さく見えます。また、隙間が多く背後や下が見えるソファーほど大きさを感じさせません。

ローソファーでも脚がなく背もたれにボリュームがあるとサイズ以上に大きく見えるものです。反対にスリムな4本脚に薄めの背もたれだと小さく見えるもの。

当然座り心地にも大きく影響するので、必ずしも薄いタイプを置くべきということではありませんが、背もたれの厚みで見え方も大きく変わるので注意が必要です。

ひじ掛け

ひじ掛けはあると意外と使います。何気に手を置いてしまいますし、寝転がった時には枕代わりになりますよね。

狭い部屋に置くときは、使いやすさも大事ですが少しでも広いソファーを置きたいですよね。ひじ掛けはその分だけ座面が狭くなることを意味します。同じ幅のソファーでも、ひじ掛けがあるのとないのではかなりサイズ感が違います。

使い勝手の面ではあったほうがいいかもしれません。でも少しでも座面の広さを確保したいならひじ掛けの付いてないソファーも選択肢になります。

見た目もスッキリして広く見えます。

高さ

ソファーは高いほど大きくなります。これは当然ですよね。面積は同じでも高さがあると圧迫感が出てしまい、部屋を狭くします。壁が多く見えるほど部屋は広く感じるので、ソファーの高さが直接関係してくるんですね。

狭い部屋に置くならローソファーのほうが広く見えます。また、背もたれが高いハイバックよりも低いほうが同じく広く見えます。

とは言え高さは大きな影響を与えるポイントなので、まずは好みを大事にし、それでもなお広く見せたいなら低めのソファーを選択するのがいいです。

まとめ

狭いスペースにソファーを置くときは、いかに小さなソファーを選ぶかではなく「置ける最大の大きさのソファーをいかに小さく見せるか」という観点で考えるのがおすすめ。

満足度に大きな差が出ます。