インテリアコーディネーター監修

ソファーの選び方 サイズ感を考えるときに大事な3つのこと

ソファーの選び方 サイズ感を考えるときに大事な3つのこと

どのサイズのソファーが自分に合っているか悩んではいませんか。

ソファーは大きいうえにリビングの主役。

大きすぎた…小さすぎた…という後悔だけは絶対にしたくないですよね。

そこでここでは、ソファーのサイズに焦点を当てて考えてみようと思います。

大事な3つのサイズ

自分に合うソファーを考える場合、次の3つのポイントに注意します。

  1. ソファーの幅
  2. ソファーの奥行き
  3. ソファーの高さ

ソファーの幅

ソファーの幅は何人で使うのか、またどのような使い方をするのかによって大きく左右でします。

お店では「2人用」や「3人掛け」などの表記ですが、実際に使う人数とあまり関係ないと思っていたほうがいいです。

何人で使おうと自由。あくまで目安であり、気を付けるべきは実際の寸法です。同じ2人掛けでも50cm違うものも存在します。

また、座面の幅も大事。ひじ掛けの有無で一人あたりの幅がけっこう変わってきますよね。

20cmのひじ掛けが付いてれば、40cmも座面幅が少なくなります。

全幅は設置に関して考え、座面幅は使い心地に関して考えるのが大事です。

ソファーの奥行き

奥行きも幅と似ています。

ソファー自体の奥行きは設置できるかどうかなどを軸に考え、座面の奥行きは使い勝手を軸に考えます。

仮にリクライニングするソファーなら、倒したときの寸法も考慮しなければいけません。

せっかく設置しても壁にぶつかってリクライニングしないようでは残念ですよね。

またリクライニングする場合は足元にもゆとりが必要。

背中を倒すと自然と足が上がりますよね。

理想はオットマンなどですが、ないにしてもテーブルがぶつかってしまえばリラックスできません。

座面の奥行きは、あなたが普段どのような使い方をするかによって決めます。

よくごろ寝をする・あぐらをかくという人は、少し座面の奥行きがあったほうがリラックスできます。

逆に寝たりすることはあまりなく、書き物や食事・お茶を飲むなどがメインの場合は、座面の奥行きがあまりないソファーのほうが使い勝手はいいです。

ソファーの高さ

ソファーの高さは、まず座面の高さが重要。お客様をもてなしたり、食べ飲みが多いなら40cmぐらいのソファーが使いやすいです。

それよりもとにかくリラックス感が大事という場合は、ローソファーが向いています。足を伸ばし楽な体勢になりやすいです。

また背もたれの高さも大事な要素。背もたれが高いハイバックソファーは、よくテレビを見る人に向いています。

映画鑑賞が好きな人にも合っています。そういう場合はテレビの高さに合わせるのも一つの方法。

テレビの対角線の中心が、自分の目線よりわずかに低いポジションが最も目が疲れないと言われています。

なのでテレビボードの高さやテレビの大きさを考えて最適な高さにするのもアリです。

背もたれが低いソファーは使い勝手よりも見た目の違いが大きいと言えます。

長時間テレビを見る場合は首が安定しないので疲れますが、低いとそれだけソファーの存在感が少なくなるので部屋を広く見せることができます。

リビングがあまり広くない場合は低いソファーのほうが部屋はスッキリして見えます。

まとめ

ソファーのサイズは、設置に関することと使い勝手の二つの側面で考えることが大事。

また全体のサイズと実際に使う部分のサイズを分けて考えましょう。

搬入経路の確認・ドアの開閉・テーブルとの距離なども考えておくと失敗が減ります。